C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
DataTableを編集する。
DataTableの項目値を操作するにはテーブルの何行目の何列目かを指定します。
 dataTable.Rows[RowIndex][ColumnIndex]
※ColumnIndexをColumnNameに変えても大丈夫です。
こんな感じです。

DataSetからだと
 dataSet.Tables[TableName].Rows[RowIndex][ColumnIndex]
※TableNameをTableIndexに変えても大丈夫です。
※ColumnIndexをColumnNameに変えても大丈夫です。
こんな感じになります。

では、DataTableの中の項目を編集してみます。
ここではメロンパンの価格を105→110円に変えます。
 

メロンパンのデータが入っているのは2行目(RowIndexは1)で
価格は3列目(ColumnIndexは2)です、以下がサンプルコードとなります。

テストコード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27

DataSet dataset = new DataSet();
DataTable dt = new DataTable("Table1");
string[] id = { "S0001", "S0002", "S0003", "S0004", "S0005", "S0006" };
string[] name = { "あんぱん", "メロンパン", "カレーパン", "いちごじゃむパン", "チョココロネ", "クロワッサン" };
string[] value = { "100", "105", "110", "115", "120", "125" };

// DataTableに列を追加します。
dt.Columns.Add("商品番号");
dt.Columns.Add("商品名");
dt.Columns.Add("価格");

// DataSetにDataTableを追加します。
dataset.Tables.Add(dt);

// DataTableにデータを格納します。
for (int i = 0; i < 5; i++)
{
    dt.Rows.Add(dt.NewRow());
    dt.Rows[i]["商品番号"] = id[i];
    dt.Rows[i]["商品名"] = name[i];
    dt.Rows[i]["価格"] = value[i];
}

// カラム名を指定するパターンです。
dataset.Tables["Table1"].Rows[1]["価格"] = "110";
// カラムインデックスを指定するパターンです。
dataset.Tables[0].Rows[1][2] = "110";

DataTableに列を追加するときカラム名しか設定してません。
このときのカラムの型はstring型になるようです。
なので、105→110にかえるとき"110"としています。
もし110とするとカラムのデータと異なる型を設定したということで例外が発生します。

      
DataSet






Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記