C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
DataSetに格納しているデータへアクセスする
DataSetに格納しているデータへアクセスする方法を説明します。
まず、DataSetに格納されてるどのDataTableからデータを取得するかを決めます。
後は、行と列のインデックスを指定することで取得可能です。

テストコード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
DataSet ds = new DataSet();
DataTable dt = new DataTable();

// 5列定義します。
dt.Columns.Add("A");
dt.Columns.Add("B");
dt.Columns.Add("C");
dt.Columns.Add("D");
dt.Columns.Add("E");

// 4行追加します。
for (int i = 0; i < 4; i++)
{
    DataRow row = dt.NewRow();
    row["A"] = i;
    dt.Rows.Add(row);
}

// DataSetにdtを追加します。
ds.Tables.Add(dt);

dt.TableName = "Table1";

Console.WriteLine(ds.Tables["Table1"].Rows[0]["A"].ToString());
Console.WriteLine(ds.Tables["Table1"].Rows[1][0].ToString());
Console.WriteLine(ds.Tables["Table1"].Rows[2].ItemArray[0].ToString());
DataRow row2 = ds.Tables["Table1"].Rows[3];
Console.WriteLine(row2["A"].ToString());

出力
0
1
2
3

24行目〜28行目がDataSetのデータをアクセスしているサンプルです。
      
DataSet

Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記