C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
DataSet
DataSetはADO.NETアーキテクチャのコンポーネントの一つで、データベースから
取得したデータをメモリ領域へ格納するクラスです。
DataSetはデータを保持するだけでなくテーブル間のリレーションや制約なども保持できます。
主に、データベースから取得したデータを保持するときに使用します。

といっても、初めて扱う人には???ですよね。
簡単ですが、まずはどんなものか説明した後、どいうったことに使うのかを説明します。

DataSetってどういうもの?
複数の2次元配列のデータを保持するクラスです。えっ!?2次元配列を複数?
難しくない??て、ならないように絵で説明します。下のほうに挿絵を入れますね。

通常、データを格納する型というとint型やstring型などを思い浮かべますが、
これらは変数に対して格納できる値は1つですよね。
int[ ] i = new int[5];
とすると、1次元配列でi[0]〜i[4]までデータを格納できます。
2次元配列は int[ , ] i = new int[5, 5];
とすると5×5のデータを格納できる領域を確保します。


では2次元配列の複数のイメージは、、、

2次元配列が複数ありますよね。この一括りをDataSetといい、2次元配列の1つ1つが
DataTableと呼ばれるものになります。簡単にDataSetの構造を説明するとこんな感じです。

※あくまでデータ構造のイメージです。

      
DataSet







Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記