C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
データベースへ接続する2
続きです。
サンプルコードはOracleの接続を紹介しています。
データプロバイダーはOracle Data Provider for .NETを使用してます。
参照設定にOracle.DataAccessを追加する必要があります。
Oracleへ接続
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

using System;
using System.Data;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using Oracle.DataAccess.Client;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        public void Test06()
        {
            OracleConnection conn = new OracleConnection();
            
            conn.ConnectionString = "User Id=test; Password=pass; Data Source=XE";

            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}

Oracleへ接続2
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26

using System;
using System.Data;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using Oracle.DataAccess.Client;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        public void Test07()
        {
            OracleConnection conn = new OracleConnection();

            // tnsnames.oraで定義している文字列を入れることもできます。
            conn.ConnectionString = "User Id=test; Password=pass; Data Source="+
                "(DESCRIPTION =(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = localhost)(PORT = 1521))"+
                "(CONNECT_DATA =(SERVER = DEDICATED)))";

            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}


      

ADO.NET






Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記