C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
SELECT文でデータを取得する(DataAdapter)。
ADO.NETの非接続型でのデータ取得サンプルです。
使用するクラスはConnection、Command、DataAdapter、DataSetです。
  • Connection…DB接続/接続解除を行います。
  • Command…SQLを実行します。
  • DataAdapter…SQLを実行し結果をDataSetやDataTableに格納します。
  • DataSet…SELECT文の結果を格納します。

  •  DataReader
    テストコード
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    
    
    
    public void Test04()
    {
        SqlConnection connection = new SqlConnection();
        SqlCommand command = new SqlCommand();
        DataSet ds = new DataSet();
    
        // 接続文字列を設定します。
        connection.ConnectionString = @"Data Source=PC\SQLEXPRESS1;Initial Catalog=TestDatabase;User Id=sa;Password=sa;";
    
        using (SqlDataAdapter adapter = new SqlDataAdapter())
        {
            command.Connection = connection;
            command.CommandText = "SELECT * FROM m_syouhin";
    
            adapter.SelectCommand = command;
    
            // SQLを実行し結果をdsの中に格納します。
            adapter.Fill(ds);
        }
    }
    
    

    DataReaderを使用したときはOpen()、Close()を呼び出していたのですが
    ここでは使用してません。これはFill()でOpen/Closeを自動で行ってくれるためです。
    Fill()の前にOpen()しても構いませんが、そのときはClose()する必要があります。

    DataSetの中身はこんな感じです。
     DataReader
          

    ADO.NET







    Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記