C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
.NET Framework データプロバイダー
.NET Frameworkにはデータベースへアクセスするクラスライブラリが存在します。
それが.NET Framework データプロバイダー(以下データプロバイダー)です。
VB.NETやC#でデータベースを操作する場合はデータプロバイダーを介しアクセスします。
このクラスライブラリは複数のクラスConnection"、DataAdapter"、"Command"、DataReader"
などのクラスで構成されます。

クラスの概要はこんな感じです。
  • Connectionはデータベースの接続情報を管理します。
  • DataAdapterはデータセットを用いてデータのやりとりするときに使用します。
    つまり、非接続型のときに使用するクラスです。
  • CommandはSQL文を実行します。
  • DataReaderはCommandの結果を取得するときに使用します。
    これは接続型のときに使用するクラスでADOのRecordSetに似ています。

  • データプロバイダーはデータベースの種類ごとに存在します。
    例えばSQLServerの場合はSQLServer用のデータプロバイダーがあり、
    Oracleの場合はOracle用のデータプロバイダーがあります。
     データプロバイダー

    ADO.NETはODBCやOLE DBを介してデータのやりとりを行うのだと耳にするのですが、
    必ずしもそうなるとは限りません。例えばSQLServerのデータプロバイダーを
    使用する場合はODBCやOLE DBを使用しません。ADO.NETのデータプロバイダーの
    中にODBCデータプロバイダー、OLE DBデータプロバイダーがあるので混雑してる
    のかもしれません。

          
    参考文献

    ADO.NET




    Effective C# 4.0
    ビル・ワグナー
    ¥ 3,780

    「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則
    メリル・E・ダグラス
    ¥ 1,575



    Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記