C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
データベースへ接続する
データベースに接続するときはデータプロバイダーのConnectionクラスを使います。
接続でポイントとなるのはデータプロバイダーと接続文字列です。

データプロバイダーは接続するデータソースによって決めます。
接続文字列は接続するデータソースを特定、特殊なオープンするときに使用します。
特定というのはデータベースの配置位置情報、データベース名、IDやパスワードやファイルパス等です。

サンプルコードはSQLServer、PostgreSQL、Access、Excel、CSVの接続方法を
紹介してます。
SQLServerへ接続
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using System.Data.SqlClient;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        // SQLServer
        public void Test01()
        {
            SqlConnection conn = new SqlConnection();

            conn.ConnectionString = @"Data Source=PC\SQLEXPRESS1;Initial Catalog=TestDatabase;User Id=sa;Password=sa;";
            
            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}



PostgreSQLへ接続
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using Npgsql;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        // PosggreSQL
        public void Test02()
        {
            NpgsqlConnection conn = new NpgsqlConnection();

            conn.ConnectionString = @"Server=localhost;Port=5432;User Id=admin;Password=admin;Database=TestDatabase;";

            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}



Accessへ接続
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using System.Data.OleDb;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        // MS-Acesss
        public void Test03()
        {
            OleDbConnection conn = new OleDbConnection();

            conn.ConnectionString = @"Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\db1.mdb";

            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}



Excel
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using System.Data.OleDb;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        // MS-Excel
        public void Test04()
        {
            OleDbConnection conn = new OleDbConnection();

            conn.ConnectionString = @"Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\test.xls;Extended Properties=Excel 8.0;";

            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}



CSV
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using System.Data.OleDb;

namespace Sample
{
    public class ado03
    {
        // CSV
        public void Test05()
        {
            OleDbConnection conn = new OleDbConnection();
            
            // Data SourceにはCSVファイルがあるパスを設定します。
            conn.ConnectionString = "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=C:\\;Extended Properties=\"text;HDR=No;FMT=Delimited\"";

            // 接続します。
            conn.Open();

            // 接続を解除します。
            conn.Close();
        }
    }
}



      

ADO.NET




「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則
メリル・E・ダグラス
¥ 1,575

Effective C# 4.0
ビル・ワグナー
¥ 3,780



Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記