C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
TableAdapterを使ってデータを抽出
TableAdapterを使ってデータベースから抽出するサンプルです。
小難しいデータベースの制御部分はGUIを使って作成できるため、コーディング量は少なくなります。

テストコード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
 
using dta = Test.HPDataSetTableAdapters;

public partial class Form1 : Form
{
    private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
    {
        using (dta.breadTableAdapter ta = new dta.breadTableAdapter())
        {
            HPDataSet ds = new HPDataSet();

            // データを抽出します。
            ta.Fill(ds.bread);
        }
    }
}

ds.breadの中身はこちら
結果
バッチリデータは入ってます。簡単〜。

型付DataSetとTableAdapterの作成手順を説明します。 まずはGUIを使ってデータベースとの接続部分を作ります。
メニューから[ツール]-[新しいデータソースの追加]をクリックします。
[ツール]-[新しいデータソースの追加]

データ ソース構成ウィザードが開きます。
@アプリケーションのデータの取得元でデータベースをクリックします。
A[次へ]ボタンをクリックします。
データ ソース構成ウィザード

@[新しい接続]ボタンをクリックします。


接続の追加画面が表示されます。
@データソースは何でもいいですが今回はODBCにしました。
A接続文字列を使用にチェックをいれ、文字列を設定します。
B[接続の確認]ボタンを押しデータベースに接続できたことを確認します。
データソースの設定

@接続が確認できたら[OK]ボタンを押します。 接続確認後

@はい、重要情報を接続文字列に含めます。にチェックを入れます。
A次へボタンを押します。
接続文字列に含めるをチェック後、次へ

@[次へ]ボタンを押します。
次へ
        
@取得したいデータベースを選択します。
A[完了]ボタンを押します。
データベースを選択

型付データセットが追加されてることを確認します。
型付データセット確認
この中にTableAdapterも一緒についてます。
      

ADO.NET







Copyright (C) 2011 - 2017 猫の気ままなC#日記