気になった事を自由に書いてます。
      
ファントムリードってなんだろう。
データベースのトランザクション間で発生する事象の1つにファントムリード
と呼ばれるものがあります。

ファントムリードとはトランザクション間で同じ条件でデータを抽出しているのに
1回目と2回目でレコードが増えたり、減ったりする現象のことです。これは、1回目の
データ抽出後に別のトランザクションでレコードを追加、削除することで発生します。

アンケート結果のまとめる作業を例に説明します。
インターネットでアンケートをとり、ある程度の数に達したので集計します。
ただし、この集計は中間結果を求めるだけなのでアンケートはまだ実施中とします。

アンケート内容
・今年、旅行する予定がありますか? (1.国内旅行 2.海外旅行 3.両方 4.予定なし)
この4択の中からパーセンテージを図にしたいと思います。

ファントムリード
4つの項目の人数は分かったので、パーセンテージを計算しようと思った矢先
なんと合計人数があってません。最初は100人、最後は103人、4つの項目の合計は101人

100人で集計してね。ということでないのであれば、101人で計算したらよいでしょう。
この問題に遭遇したことが無いので(遭遇したことに忘れているかも)具体例は難しい^^;
      




Effective C# 4.0
ビル・ワグナー
¥ 3,780

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則
メリル・E・ダグラス
¥ 1,575



Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記