C#.NETのサンプルコードを掲載しています。
      
プログラムで呼び出し履歴(クラス名やメソッド名)を取得
デバッグ時にお世話になる呼び出し履歴。どのイベントからどういった順序でここまで
たどり着いたのか分かるとても便利な機能がMicrosoft Visual Studio 2005には存在します。
これをブレイクポイントでとめた時でなく、ログファイルに落とせるように出来ないかと思い、
即席で作ってみました。改良点はあるので需要があれば改良したいと思います。

テストコード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace Test
{
    public partial class Form5 : Form
    {
        public Form5()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form5_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
        {
            string text = SC.DebugTool.StackHistory.GetCallMethodHistory(SC.DebugTool.StackHistory.CallMethodHistoryFormat.Text);
            Console.WriteLine(text);
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            Close();
        }

        private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            Application.Exit();
        }
    }
}

Form_Closingイベント内に呼び出し履歴を表示するようにしました。
Button1から呼ばれたのか、Button2から呼ばれたのか分かるようになってます。
サンプルではButton1をクリックしました。結果はこちら
結果
Void Form5_FormClosing(
Void OnFormClosing(
Void WmClose(
Void WndProc(
Void OnMessage(
Void WndProc(
IntPtr DebuggableCallback(
IntPtr SendMessage(
IntPtr SendMessage(
Void Close(
Void button1_Click(
分かりやすいように出力したテキストを加工してます。。
下へいくとButton1でクリックしたのが分かります。他にも色々な処理を通ってますね^^;
StackHistory.csです。

ソースコードが大きいのでファイルにしてます。
ブラウザ上で見たい方は簡易版を
テストコード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29

//using System.Diagnostics;

private string GetCallMethodHistory()
{
    string history = string.Empty;
    StackTrace st = new StackTrace(true);

    for (int i = 1; i < st.FrameCount; i++)
    {
        StackFrame sf = st.GetFrame(i);

        // メソッド名
        history += sf.GetMethod();

        // クラス名
        history += " " + sf.GetMethod().ReflectedType;

        // ファイル名
        history += " " + sf.GetFileName();

        // 行数
        history += " " + sf.GetFileLineNumber();

        // 最後は改行
        history += Environment.NewLine;
    }

    return history;
}

      






Copyright (C) 2011 - 2015 猫の気ままなC#日記