気になった事を自由に書いてます。
      
シンプルなプログラムは難しい
プログラム経験のある人は"コーディングはシンプル"にという言葉を一度は聞いたこと、
あるのではないでしょうか?
不具合を出さないコツの一つとして、ソースコードをできるだけ抑える。
無駄なソースコードを徹底的に省きコード量を最小限にする。
まぁ簡単に言えばシンプルに作るです。

シンプルという単語から誰でも簡単にシンプルなプログラムは作れるだろうと
思われがちですが、いざ試してみると難しいです^^

こんな仕様があったとします。
シンプルなプログラムは難しい。
で、出来上がったソースはこちら

複雑なコード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13

private string GetValue(string value)
{
    bool isDefaultValue = true;

    if (!(value == "0" || value == "1"))
    {
        isDefaultValue = false;
    }
    if (!isDefaultValue)
    { return "1"; }

    return value;
}
パッと見た瞬間、複雑そうと思えるコードです。
この処理はテストを行い問題なかった。仕様を満たしているからこれでOKという
考えで実装完了としてしまうのでしょうが、シンプルではないですね。
ちょっと作りを変えてみましょう。
改善コード
1
2
3
4
5
6
7

private string GetValue2(string value)
{
    if(value == "0")
    { return "0"; }

    return "1";
}
無駄な変数と条件文を1つ消すことができました。
上のコードと比べると、簡単に見えませんか?
という私も、まだまだ修行中の身ですが^^;
どうしたらより良いシンプルなコードが書けるか頭の片隅に入れてコーディング
していると前とは違ったモノが作れるようになってくると思います。

経験だよなぁ。
      




「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則
メリル・E・ダグラス
¥ 1,575

Effective C# 4.0
ビル・ワグナー
¥ 3,780



Copyright (C) 2011 - 2017 猫の気ままなC#日記